月曜日, 1月 21, 2008

シューズカバー




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


今までのナイトランや真冬の長時間の走りでどうしても一番最初に辛くなってくるのは
脚の指先ですね。
 
今までは靴下としてネオプレーンの靴下を履いていたのですが、
シューズ内で窮屈なのと、蒸れて水分が熱を奪ってしまうのではないかと、考えて
ホームセンターで大きめの(LLサイズ)のネオプレーンの靴下を買って、
底にクリートと踵用の穴を開けてシューズにかぶしてみました。
(※クリートが金属の場合クリート穴をキチンと塞いでコーティング材等で水の進入を防いで
クリート穴部分から冷気が足裏に伝わらないようにその部分は厚めのインソール等で防寒。)
 
既にやってる人もいるかもしれませんが、これは結構良いです。
昨日の練習会で使用しても最低気温-8度の中でも足先がかじかむ事はありませんでした。
なにせ安い。1000円以下です。 
 
基本的には市販の冬用シューズカバーも同じような物で、履き易いようにジッパーとか
マジックテープのバンドが付いてるだけで同じような物だと思うので、簡単に作れる
シューズカバーでこれからも冬の走りを楽しもうと思います。

2 件のコメント:

nobukov180 さんのコメント...

足指の冷えをなんとかしたいと考えていましたが、これはよいアイデアですね。さっそくためしてみようっと。

スパ狂@しん さんのコメント...

>nobukov180さん
どうもこんにちは。

ウィンターライドは
足先、指先が課題ですね。